スタッフブログ

屋根縁切りタスペーサー設置・外壁 軒天井『下塗り』⑤ 南区M様邸 9.30.2021

屋根塗装の『下塗り』を終えておりますコロニアル屋根の『縁切り』作業を

行っていきました。

タスペーサーという小さいけれど強い素材 ポリカーボネート樹脂製の部材を

コロニアル瓦1枚1枚の重なり部分に差し込み 4~5ミリの隙間を確保していきます。

もともと4mmほどの隙間があるところには差し込む必要はありませんが

コロニアル瓦の劣化の反りによって隙間がなくなってしまっている部分へは

しっかりと差し込んでいきます。

そうすることで コロニアル瓦下に侵入した雨水や湿度をしっかりと傾斜から

流れ出るように隙間を確保し逃げ道を確保しておくことで

建物内 野地板などに侵入し雨漏りや建材の腐れなどを防ぎます。

軒天井も『下塗り』シーラーという下塗り塗料にて『下塗り』を行い

後に塗装する仕上げ塗料を確実に密着させます。

パーフェクトサーフ という下塗り専用塗料を使用して

外壁全体の『下塗り』を行います。

経年により劣化し 外壁材表面の傷みにもムラが出てきていますので

外壁の状態を整え健全していきます。

 

外壁全体にしっかりと塗膜に厚みを付けてすみずみ塗装をいたします。

外壁の『下塗り』が全て完了しましたら 軒天井の『下塗り』も

しっかりと乾燥しております。

ですので 軒天井の『中塗り』をケンエースという塗料にて1回目の塗装を

行っていきました。

明日もよろしくお願いいたします。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付