スタッフブログ

☆住宅塗替え工事☆タスペーサー設置 屋根『中塗り』塗装など  宇美町O様邸 7.23.2021

屋根 コロニアル瓦の縁切り作業といえば

弊社では タスぺーサーを設置することをおススメさせていただいております。

コロニアル瓦も紫外線などによる劣化で 反ってきてしまうことが多いです。

そうしますと コロニアル瓦の重なり部分に隙間がなくなり

雨水のに道がなくなり 雨水が建物に浸透し、雨漏りの原因となりえますので

建物を雨漏りから守るために 雨水の逃げ道になりますコロニアル瓦の重なり部分を

3~5ミリほど タスペーサーによって保ちます。

このように タスペーサーを挟めないほど隙間がすでにあるところ以外は

しっかりと設置していきました。

(この後塗装作業がまだ続きますので

仕上がったらほとんど見えなくなってしまう作業ですが大変重要な作業です。)

下屋根(1階屋根)ももちろん同様です。

そして塗装をしていきます。

先ず下屋根には 足場の足が何か所かありますので

その足を交互に上げて

その下をまず塗装して その乾燥を待つ間 2階の大屋根の塗装をしていきます。

刷毛や 小さなローラーで 板金部分や凹凸 コロニアル瓦の縁などを塗装して

全面をローラー塗装していきます。

(大屋根全面ローラー塗装の写真を撮り忘れました。すいません。)

下屋根も同じように 刷毛や小さなローラーで縁や凹凸を塗装してから

全面をローラーで塗装していきました。

屋根『中塗り』の全ての塗装が完了しましたら

残っていた養生を完全撤去していき ゴミを集め 掃除をしていきました。

来週 屋根の『上塗り』をして屋根塗装を完成させ、掃除と最終チェックをさせて頂き、

足場を解体し、完了となります。

残り少ない作業となってきましたが よろしくお願いいたします。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付