スタッフブログ

宗像市I様邸『外壁補修跡肌合わせ☆外壁下塗り』

H25.11.26(火)の作業内容です

 

 本日の作業は、外壁の傷んでいた箇所を

 補修いたしました箇所の『肌合わせ』という

 作業をしていきました。

 

 補修したヵ所の表面に模様がありませんので

 その周りの凹凸模様と合わせるため

 ←こちらの塗料を吹き付けて

 

 全体の外壁表面の表情を合わせていきました。

 

 

 この作業を『肌合わせ』と言います。

 

 

 

 

 

 

このひと手間は、完成時の美しさにするとしないとでは大きく雰囲気に影響しますので

 せっかくお家を塗り替えてきれいになるなら、補修跡に『肌合わせ』をすることは

大切なことと思います。

 

 

 

 

 

 『肌合わせ』で吹き付けた塗料が

 完全に乾燥しましたら

 ←こちらのソフトサーフ

 という塗料で外壁全体の『下塗り』

 

  していきました。

 

 

 

 

  • 微弾性があり防水性を発揮します 。
  • 旧塗膜表面の微細なひび割れ、巣穴などをカバーでき
  •  良好な仕上り感が得られます。
  • 優れた密着性を示し、耐久性の高い保護層を形成します。
  • 低臭気で安全な作業環境を維持できます。

という特徴の下塗り塗料です。

 

微弾性があるため、自然な建物の動きに追従するため

モルタル壁の性質におすすめの塗料です。厚塗りですと、

微弾性を発揮しますので 今回は、厚塗りをいたします。

 

 

 

 

 

 

厚塗りの終わった箇所から汚れてはいけない箇所を覆う養生の内側に

仕上がりがまっすぐのラインで美しくなるために『捨てテープ』という

ラインを美しく出すためのテープを貼っていましたのでそのテープを

撤去していきます。

 

明日から お天気が崩れそうですね^^;

 

お天気が回復いたしましたら こちらの作業の続きから作業を進めていきます。

 

今後もよろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付