スタッフブログ

住宅塗り替え工事 福岡市西区 ②ベランダ雨漏りサイディング撤去作業など 2021.1月

お客様は ベランダの下のこのような状態に心配をされていました。

ベランダの外壁をはぎ取って中を見て どのような状態になっているか拝見しないと

どのような処置をしなければならないかわかりません。

とお伝えしたうえで 作業をさせて頂いております。

何社かのリフォーム業者に相談をされたことはあるそうですが

「一式 幾らでやりますよ。」と 内部がどうなっているかも分からないのに

金額を言われ 安くても逆にきちんと直してもらえるのかが不安で

依頼をされなかったそうです。

ということで 撤去作業をさせて頂きました。

細い帯板が設置されていましたが その上部のシーリングにて防水処置が劣化し

その部分から雨水が浸入しておりました。

その下の外壁材と木材が水気を含み 傷んでいました。

また、ベランダの腰壁上部に アルミ製の手すりが鉄製の天板に設置され

そのつなぎ部分は防水処置がされておりましたがこちらも経年による劣化から

防水効果を失っておりました。そしてその部分の周りにサビも進んでいました。

ここから うすいが侵入している可能性も高いため

ベランダの腰壁外側部分の先ほどの帯板より上部分の外壁材も撤去することにしました。

 

 

傷んだ木材は シロアリを呼びますので 交換します。

お客様も気にされていらっしゃいまして シロアリ予防はされているそうですので

シロアリは発見されませんでした。

新しい木材に交換し、

新たに外壁材を貼るための基盤を作ります。

そして

新たな外壁材が届き 貼る作業ができるまで

雨天に備え 雨養生として 防水シートを仮で貼っております。

新しい外壁材を貼り、上部からの雨水侵入の原因となります手すりは撤去していきます。

 

お客様も 撤去の様子をご覧になり この部分を補修をすることができて

安心してくださっていました。

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付