スタッフブログ

福岡市西区 E様邸 住宅塗装工事『オートンイクシード打ち込み②☆屋根下塗り』

2018年7月24日(火)の作業内容

 

 

 本日も 昨日の続きで

 目地への

 ボンド塗布・シーリング打ち込み

 へらでの完全な空気の押し出し均し

 養生撤去と

 建物すべての目地への

 シーリング打ち替え作業 

 (オートンイクシードの打ち込み)を

 完成させていきました。

 

 

 

 昨日同様

 既定の時間しっかり攪拌し

 オートンイクシードの成分に

 むらないようにして

 打ち込み

 乾燥前に 養生撤去で

 美しい仕上がりです‼

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 建物すべての目地への 

 オートンイクシードの打ち込み作業が

 完了しましたら

 屋根の『下塗り』の作業にはいっていきます。

 

 その前に 『ケレン』として サンドペーパーで サビなどを磨き均してあります

屋根んぽコロニアル瓦の抑え屋根鋼板を『下塗り』錆び止め塗装していきます。

 

使用しましたのは ハイポンファインプライマーです。

こちらで 屋根ということで 傷みやすい鉄板を保護し

屋根全体の下塗りを

 こちらの

 サーモテックシーラーにて

 塗装していきます。

 

 屋根用遮熱下塗材とも呼ばれます。

 シーラーとは上塗り塗料との

 密着効果を高めるという効果だけでなく、

 上塗り塗料が下地に吸い込まれるのを防ぐ

 役割があります。

 

 サーモテックシーラーは、

 下塗り塗料でありながら 密着性・耐久性

 の兼ね備えています。

 そして 赤外線を反射するという

 遮熱機能までも下塗り塗料にして備えています。 遮熱機能を備えた上塗り材を併用することで

 遮熱効果をアップします。

 

 

 

屋根鋼板に『下塗り』錆び止め塗装をして

その後屋根全体に サーモテックシーラーにて『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

 この暑い毎日 まだ『下塗り』が完了しました作業中ではありますが

 昨日との違いを感じられるのではないでしょうか??

 

 明日は『中塗り』 少しずつ 体感されるといいな と 思います。 

 塗装工事前より お2階の体感温度が下がってくれると思います。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付