スタッフブログ

住宅塗装工事☆シーリング打ち替えのための養生/バックアップ材設置作業など 2022年2月9日 西区TN様邸

2022年2月9日

旧シーリング撤去作業も完了し、新しくシーリングを打ち込むための

『養生』の作業を行っていきました。

マスキングテープを 目地やサッシ、入角など 新しくシーリングを打ち込む個所の

両横へ、シーリング打ちの仕上がりがまっすぐになるように

外壁とテープの間に浮きや

隙間ができないようにしっかり張り付けて シーリングを打ち込んだ時に

滲みでないようにしっかりとサイディング材の凹凸に合わせて

しっかりと貼りつけていきます。

そして サイディング外壁の目地シーリング打ち替えに重要な工法

2面接着工法の為 目地内の背底面に 接着力のないテープ

ボンドブレーカーというテープを設置していきます。

このテープを必ず設置をします。

新しく打ち込むシーリング材が 目地内の両横面には確実に一着し、

背底面には密着せず アソビを作ることによって 建物の自然な動きに

柔軟に対応し、新しく打ち込むシーリング材を目地内での亀裂から守り

防水性を持続させる という意味と シーリングが柔らかく建物の動きに追従することで

サイディング材を割れから守ります。

このように 目地内にボンドブレーカーや バックアップ材と呼ばれる 少し暑さのあるウレタン製のバックアップ材を設置する工法を「2面接着工法」と呼びます。

シーリングを打ち込んでしまえば 設置してあるのか分からなくなってしまう作業ですが

建物を守るうえで 大変重要な作業です。

こちらの作業を 全ての目地に行ってからの 次の工程となります。

 

次回もよろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付