スタッフブログ

 福岡市南区 S様邸 住宅塗り替え工事⑤

2018年9月25日(火)の作業内容

 

昨日『中塗り』までしていきました軒天井に

『上塗り』をして 軒天井の塗装を完成させていきました。

 

 

そして 本日も この子!サビキラーPROの登場✨

 

 

屋根鋼板鉄板です。

錆の心配にも サビキラーPROです!

 

住宅の屋根↓

 

 

ガレージの屋根↓

 

 

同じ鉄製屋根鋼板です。

両方とも しっかり 『下塗り』にサビキラーPROをむらなく塗装していきます。

 

 

そして ガレージ 住宅ともに 昨日 しっかり打ち込んでいきました

屋根鋼板の抑え釘の部分を シーリングで 保護していきました。

 

 

 

 

屋根鋼板へのサビキラーPROの塗装と釘の保護の作業が終わりましたら

住宅の外壁の『下塗り』の作業です。

 

 

塗料アスティックの ホワイトフィーラーで「下塗り」をします。

水性ですので 既定の水量を成分にムラのないようにじっくり攪拌します。

 

 

ホワイトフィラーAは乾燥後塗膜に弾力を持つ塗料です。
下地の凹凸をならし、下地を調整し、下地への吸い込み、

後のい塗装する塗料のむらを防ぎ、

上塗り塗料と塗装面の密着具合を良くしたりしてくれます。

 

 

特にモルタル系外壁の塗り替えの際には

このような 『微弾性フィラー』という種の下塗り塗料を使うことが多くなっています。

「弾性」という名称が示す通り、微弾性フィラーにはゴムのように柔らかい材料が使われています。

 

 

モルタル系外壁にはその特徴から ひび割れが付きものですが、

微弾性フィラーはゴムのような塗膜が小さなひび割れを埋めてくれます。

 

柔らかい塗膜は細かいひび割れに追随するので、ひび割れの拡大も防いでくれます。

今回使用するホワイトフィラーAも、軽微なひび割れなどに対する目潰し

(隙間を埋めること。または塗装の際に目止めを施すこと)効果に優れた微弾性フィラーとなっています。

 

このような特徴のある塗料を外壁に厚塗りしていきます。

 

厚塗り専用の砂骨ローラーというぼこぼこと特徴的な編み目のローラーを使うことによって

ローラーに多くの塗料を乗せることができ

その編み目にのった塗料をバランスのよい凹凸模様をつけながら

塗料を厚塗りしていきます。 (アップの写真がない~~( ;∀;))

 

そして 住宅の外壁全体の『下塗り』が完了しました。

 

明日も よろしくお願いいたします。

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付