スタッフブログ

福岡市西区 M様邸 木部塗装

2018年10月9日(火)の作業内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前 塗装をさせていただきました こちらの木製の

バルコニーの柵ですが やはり 木製で 風雨紫外線が当たり

人の手にふれる箇所ですので 定期的にお手入れをしなければ

木ですので痛みが進んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨水や湿気を吸い 紫外線などにより 木製の特徴の伸縮で

柔らかなと塗膜も追従を繰り返し そのうちに塗膜に亀裂が入ってきてしまいます。

 

そうしますと 木製の手すりを覆って保護していました役割が果たせず

そこから雨水が浸入し 塗膜で覆われている箇所から その湿度を吐き出すことができず

腐ってきてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなることを防ぐため 塗膜のヒビに気が付きましたら

早めのお手入れを考えられたほうが 木製のものが傷んでしまうより

コストが低く 木製のものを守ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずは しっかりと磨く『ケレン』をして

浮いてきている塗膜や 木のささくれなどを除いていきます。

『養生』をしてから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木製専用の『下塗り』塗料にて全ての部分を『下塗り』をして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのすべてが乾燥しましたら 『中塗り』として

弱溶剤シリコン塗料  以前に塗装したものと同じ塗料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中塗りが全て乾燥しましたら『上塗り』として もう一度全体に

塗装をして完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定期的なお手入れが 必要となります。

 

また 次回のお手入れの時も よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付