スタッフブログ

福津市N様邸「塀塗装」

            昨日3月26日(月)の作業内容です

 

 

 まずは、外壁と、基礎の

 取り合い部分の水切りを、

 先日『下塗り』として

 錆止め塗装をしておりましたので

 

 『中塗り』・『上塗り』と

 雨樋や、破風板などを塗装した

 塗料と同じ弱溶剤シリコン塗料を

 塗って仕上げていきました。

 

建物の塗装は、これで全て完了です。

塗装したヵ所のチェックや、お掃除をしてから、塀の塗装作業に入ります。

 

 

 

 

 ←施工前の塀です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 高圧洗浄後、

 

 工期の初期に

 塀のこのように複数入ったヒビを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 補修材をよりヒビの深くまで

 入れ込むため、専用の機械で

 Vに溝を作っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Vの溝を入れた周りの塀の模様も

 塗装の下塗り段階で模様を合わせる

 『肌合わせ』をするため、

 平滑に削っていきました。

 

 

 

 

 

  シーリングをV溝の奥までしっかり入れ込み、

乾燥後セメントで補修ヵ所を強固にしていきました。

 

 

ここまでの作業をしてから、建物の塗装工事に入っていました。

 

昨日は、塀の『下塗り』『肌合わせ』かしていきました。

 

 

 

 

 こちらのソフトサーフSGという下塗り材で

 下塗り・肌合わせをしていきました。

 

 

 

 

 

  • 微弾性があり防水性を発揮します 。
  • 旧塗膜表面の微細なひび割れ、巣穴などをカバーし、
  •  良好な仕上り感が得られます。
  • 耐久性の高い保護層を形成します。
  • 低臭気で安全な作業環境を維持できます。

 

という特徴の下塗り材です。

 

 

 

 すいません!!

 お天気が良かったので

 どう撮っても写真が

 白浮きしちゃいました

 

 

 

 

 

 

 

 『下塗り』『肌合わせ』

  完了した状態です。

 

 

 

 

 

肌合わせの写真は白浮きで何にも見えませんでしたので

以前に施工した写真で、ご説明させて頂きます

 

 

 

 補修ヵ所の周りを、

 つぶつぶに塗料が塗れるローラーを使って

 周りの、もともとの塀の模様に合わせた

 模様を作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 肌合わせ 完成です。

 

 

 

 

 

 

  

 

外壁の塗料と同じ弾性セラミシリコンで『中塗り』をしていきました。

 

  

 

               『中塗り』完了です。

 

 本日、足場を解体しておりますので

 「上塗り」は、明日 施工していき、塀塗装を完成させます。

 

 工事は、明日ですべて完了します。

 

 施工期間大変お騒がせいたしました。

 

 明日も張り切って作業をさせていただきます!

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付