スタッフブログ

福岡市 南区 K様邸 住宅塗り替え工事 『外壁の補修☆養生☆軒天井塗装①』

2017年7月24日(月)の作業内容

 

 

 本日は、養生  の前に

外壁材(サイディングボード)などに 細かいヒビが入っている箇所を

よ~く外壁をチェックして周り 

 

見つけては 専用のシーリングボンドを埋め込み 刷毛で なじませて 

補修したことが塗装した後にわからないようにしていきます。

 

補修作業が終わりましたら 

外壁を塗装する際に 外壁塗装の塗料が付着しては困ってしまう

窓や、ドア 雨どい 庇 などを 専用のガムテープやビニールを使い

覆っていく『養生』をしていきます。

 

窓や、シャッターBOXなど 外壁との取り合いの部分をまっすぐに美しく

仕上げるためテープを塗料が滲まないよう

しっかり隙間なくまっすぐに貼りつけなければなりません。

 

 

塗装の仕上がりのことを考え しっかりと『養生』していきます。

 

 

 本日は、軒天井全体に

←こちらの 水性カチオンシーラー

 という 密着性の高い 下塗り材にて

 たっぷりと『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 破風板も軒天井と同じ性質の建材ですので

 同じ 水性カチオンシーラーにて

 たっぷりと『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

 明日も お天気になりそうですね。 よろしくお願いいたします。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付