スタッフブログ

福岡市 大野城市 T様邸 住宅塗り替え 『シーリング打ち込みのための養生など

2017年5月31日(水)の作業内容

 

昨日 旧シーリングを撤去していきました目地の確認。

 

残りなくシーリングを撤去していきましたが まだ旧シーリングが残ってはいないか

確認し、見つけ次第 細かく撤去しながら 新しくシーリングを美しく打ち込むための

『養生』を目地の両脇に 専用の紙テープを サイディングの模様の凹凸に

しっかりと合わせて貼りつけていきます。

 

 しっかりと 凹凸に隙間なく貼っていかなければ

 その隙間から 打ち込んだシーリングが

 ニョロっとはみ出て 

 美しい仕上がりにはなりませんので

 しっかり貼っていきます。

 

 

 

そして 私のリクエスト。

たまには カメラ目線の笑顔 くださ~い!!に

答えてもらいました

 

 

養生をしながら 旧シーリングの残りがないか しっかり確認 

見つけ次第 撤去を繰り返し

本日は、新しくシーリングを打ち込むための 養生を仕上げていきました。

 

   

 

しっかりと旧シーリングを撤去した目地に 新しくシーリング材を打ち込む際に

2面接着にするための バックアップ材を埋め込んでいきます。

 

そうすることで シーリング材が 目地の背面に密着せず 両側面には

しっかりと密着し 外壁材や建物の動きを吸収しながら追従するクッションになり

外壁や建物が傷むのを防ぎます。

 

バックアップ材は 新しくシーリング材を打ち込んでしまえば

次の打ち代え作業まで 2面接着施工をしてあるのか

バックアップ材を埋め込んであるのか わからない作業ではありますが

この作業一つが建物を守る大切な作業といえます。

 

その作業が終わりましたら

軒樋を塗装するため 高圧洗浄の時にしっかり洗浄しておりますが

汚水が軒樋裏側で乾燥し汚れが残りがちな箇所を

しっかり拭き掃除し、塗装ができる状態に掃除していきました。

 

それから 外壁を塗装するため 外壁の補修を専用の補修材にて

穴を埋め気¥細かいヒビを補修していきました。

 

 

 

 明日は、シーリングを打ち起こんでいく

 予定です。

 

 お天気が続きそうですね。

 

 明日も よろしくお願いいたします。

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付