スタッフブログ

田川市 H様邸『壁補修後シーリング打ち☆軒天上塗装』

 昨日は、前日に

 痛んでいたベランダの腰壁を

 新しく補修しました箇所の

 ボードのつなぎ目の溝に

 シーリングを打ち込み隙間をなくしていく

 作業をしていきました。

 

 まずは、溝からシーリングがはみ出ず

 仕上がりがまっすぐになるよう『養生』をして、

 

 

 

 

 

 

 シーリングを確実に密着させる

 プライマーという乾燥すると

 ボンド性を発揮する下塗り材を  

 たっぷり塗りこんで

 

 

 

 

 

 新しくシーリングを打ち込んで、

 

 

専用のへらでシーリングを溝に押し込み 表面を均しながら空気を押し出しで

しっかりシーリング材をムラのないように入れ込んでいきます。

 

『養生』を撤去して、シーリングの打ち込み作業が完成です。

 

 その後、2階部分の軒天上の

 『下塗り』を

 ←こちらの

 水性ミラクシーラーエコ

 していきました。

 (1階の軒天上塗装は、また後日

 施工していきます。) 

 

  • 軒天上の素地と、『中塗り』『上塗り』で
  •  塗装する塗料を確実に密着させる材料です。
  •  総揮発性有機化合物を1%未満に抑え、
  •  環境に優しく、優れた耐水性、耐アルカリ性を
  •  示します。
  •  防かび・防藻機能を発揮することで、
  •  衛生的な環境を維持します。

 

 

 

 

 

 

 まずは、2階部分の軒天上全体に

 『下塗り』をたっぷり塗装していき、

 

 

 

 

 

 

 

 ←こちらのエバーロックという

 

  •  付着性、浸透性がすぐれてた、
  •  湿度の高い所やカビ、コケの発生しやすい所で
  •  すぐれた効果を発揮する塗料で
  •  『中塗り』をしていきました。

 

 2階部分軒天上の『中塗り』が終わったところで

 雪が降ってきましたので、昨日の作業は終了と

 させていただきました。

 

 本日も、雪の予報ですので

 作業は進められませんので お休みを

 させていただいております。

 

 

来週は、お天気が良いようですので 順調に作業が進められるだろうと

天気に期待しております。

 

来週も張り切って作業をさせていただきますので

よろしくお願いいたします!

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付