スタッフブログ

福津市N様邸「鉄部・錆止め材塗装☆塀・セメント補修」

 

   今日は、とってもいいお天気でしたね お仕事日和です♪♪

            本日の作業内容です

 

       今日は、建物全体の雨戸以外の鉄製部分を 

       サビや、汚れを磨き取る『ケレン』の作業をして、

    鉄部分専用の下塗り材の錆止め塗料で『下塗り』をしていきます。

 

          ※小さな写真は、クリックで大きくなります。

  

  

  ケレンには、もう一つ、鉄の表面に細かい傷を入れて、細かい凹凸を作り

  塗料の密着をよりよくするという役割もありますので、

  サビがなく、高圧洗浄によって汚れも洗い流されていても

  このひと手間を入れていきます

 

  もちろん細かい傷ですので、塗装によって傷はなくなります

 

 

  銅板全体をチェックしていきますと、長年の建物の少しずつの動きによって

  このように釘が出てきてしまっている箇所もありますので

  それらは全てしっかり打ち込んでいきます。

 

 

 ケレンをして、すべての浮いた釘を

 打ちなおしたら錆止め塗料を塗っていきます。

 

  

   

 

 

  2階の屋根が終わり、1階の屋根の水切り銅板も同じようにしていきます。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  ベランダの天板も鉄製ですので

  同じようにケレンをして、

 

  

  この部分は、白色に仕上げますので

  錆止め塗料も白色で塗ります。

 

 

                    

   庇や、換気扇フード照明の枠も   しっかりケレンをして、

 

             錆止め塗料を塗っていきました。

 

  

 

  鉄部分のケレンと、下塗りの作業が終わりましたら

 

  次は、塀の補修作業。先日シーリング材でヒビ補修をしたカ所に

  モルタルを塗って、表面の凹凸を均し、補修をより強固にします。

 

 

 粉状のセメントと、

 ボンドのような 糊のような

 どろっとした液体と、

 水を決まった分量でよく混ぜて、

 乾燥すると硬くなる

 補修セメントができます。

 

 

 

  

  

   

 塀のセメント補修も完了しました。

 

 今日の作業は、ここまでです。

 来週も張り切って作業をさせて頂きます

 よろしくおねがいします!!

 

 

 

 

 

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付