スタッフブログ

電柱移動 塀補修後の塗装

H27.11.4(水)の作業内容

 

 

 

 

 今回も いつもお世話になっております

 工務店様よりご依頼を頂き

 塀の塗装工事をさせて頂きました。

 

 

  塀の細かいヒビが入った箇所に

  専用のシーリング材にて

  補修をしていき、

 ほしゅうをした箇所を補修を開いていないもともとの塀の模様に合わせ

 専用の砂骨ローラーにてプクプクと凹凸のある壁の肌に合わせて塗料にて

 凹凸模様を作っていく『肌合わせ』という作業にて 補修をした箇所を

 目立ちにくくしていきます。

 

それから 『下塗り』↑             『中塗り』↑

 

←『上塗り』と 塗装をしていき、

汚さないように設置していました『養生』を撤去して 完了です。

この度も ご依頼くださいまして 誠にありがとうございました。


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付