スタッフブログ

福岡市城南区 Y様邸 『シーリング打ち作業②』

H26.10.1(水)の作業内容

 

 本日は、昨日新たにシーリングを

 打ち込むため、旧シーリングを撤去して

 養生までしましたが、シーリングを撤去した

 全ての目地の背面に、直接シーリングが

 密着しないように ボンドブレーカーという

 密着性の弱いテープを貼っていき、

 目地の背面には、シーリングが密着せず、

 両横面には、確実に密着させて、

 

 

ゴムのようなシーリングの役割であります 建物の動きに滑らかに追従し

外壁の割れや、痛みを防ぐようにしていきます。

これを2面接着と言います。

 

この作業は、新しくシーリングを打ち込んでしまえば したか、していないか

分からなくなってしまう作業ですが、目地の背面にシーリング材が密着しているか

していないかでは、シーリングの役割である建物の動きへシーリングを追従させる

という働きに大きな差ができてしまいます。シーリングに亀裂が入りやすくなったり

目地際のサイディングが傷んできたり…。

 

ですので、このように2面接着にすることは 重要なことなのです。

 

それから、窓回りのシーリング打ちにも使用しました↑こちらのシーリング材を

しっかり既定の時間撹拌し、目地に打ち込んでいきます。

 

 

↑しっかりとムラのないように打ち込みましたら

 

 

空気を押し出すように目地に押し込み均していき、

 

 

 打ち込み、均しましたら

 その都度、シーリング材が少しでも乾燥する前に

 養生を撤去していくことが きれいに仕上げる

 ために必要ですので

 この作業を繰り返しながら

 全ての目地への シーリング打ちを

 完了させていきました。

 

残りの時間で 昨日の作業の続きで 水切り鋼板の錆びを磨く『ケレン』をして、

鉄部分の『下塗り』として、錆び止め塗料を時間まで塗装していきました。

 

 

明日は、雨になりそうですので作業をお休みさせて頂きます。

 

お天気が回復しましたら この作業の続きより進めさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付