未分類

田川市 H様邸『外壁下塗り』

 

 

 昨日は、

 こちらのソフトサーフという

 下塗り塗料で、外壁の

 『下塗り』をしていきました。

 

 

 

 

  •  微弾性があり防水性を発揮します 。
  •  旧塗膜表面の微細なひび割れなどをカバーでき良好な仕上り感が得られます。
  •  優れた密着性を示し、耐久性の高い保護層を形成します。
  •  低臭気で安全な作業環境を維持できます。

 という特徴のある材料です。

 

H様邸の外壁は、1階はタイル貼りですので、2階の外壁のみの

塗装となります。

 

外壁をヒビなどからより強固に守るため、ソフトサーフを厚塗りしていきます。

 

 まずは、ローラー塗りで塗料が入らないような

 箇所を刷毛でたっぷりソフトサーフを

 塗っていき、

  

 

 

 

 このように網目状になった

 厚塗り専用のローラーで、凹凸模様を

 揃えながらソフトサーフを厚く塗っていきます。

 

 

厚塗りが終わり、塗料が乾燥塗る前に あらかじめ『養生』のうえに、

厚塗りをしたら撤去するための紙テープを貼ってありますので、

このテープのみ撤去していきます。

 

 

厚塗りが、乾燥してしまってからのテープの撤去は、

仕上がりのラインが凹凸になるので美しくありません。

また、乾燥してからの撤去は、厚塗りされたソフトサーフの弾力で

塗料が引っ張られ破けたようにテープがはがれるのでやはり美しくありません。

 

そういった理由から 上塗りで仕上がる少し内側に紙テープを貼って(捨てテープ)

厚塗りされたソフトサーフを仕上がりより少し内側でとどめます。

 

このひと手間は、小さいように感じますが、塗装面全体となると、

すると、しないとでは、大きく仕上がりの印象が違ってきますので

美観のためには大切な作業です。

 

 

 

外壁の『下塗り』の完了です。

 

厚塗りをしてありますので、乾きに時間がかかりますが、完全に乾燥してから

『中塗り』の作業に移ります。

 

本日のお天気ですので 順調に作業を進めることができます。

 

明日は、雨ですね。

お天気や、気温の様子を見て作業をすすめさせていただきます!

>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付