塗装Q&A

塗装Q&A

建物の塗り替えは何故必要なのでしょうか?

建物は新築した時点で傷みが始まります。

早めにお手入れをしておくと、住まいの寿命を延ばします。
ペンキの剥がれや壁のヒビ割れは放置しておくと

建物自体を傷め、予定外の費用がかかります。

塗り替え工事は大切な財産を守るための保護工事です。

当然のことながら美観の向上も含みます。

 

 1年の内、どの時期が塗り替えに適しているのでしょうか?

 「乾燥した冬がいい」とか、「焼けつくような夏がいい」とか、

「梅雨は避けたほうがいい」など、様々な説がありますが、

どの時期に塗っても変わりはないようです。

それよりも夜露に気をつけるなど、それぞれの塗料の

「塗る際の注意事項」を守ることのほうが重要です。

 

 建物の塗装を長持ちさせるコツのようなものはありますか?

 外壁面に物を置いたり、立てかけないようにしましょう。

特にベランダや玄関周辺はどうしても植木や物が

多くなってしまいがちです。

ほこり、ゴミ、湿気が溜まりやすい状態になると

塗装の表面が痛みやすくなってしまいます。

  (続きを読む…)

遮熱塗装Q&A

 遮熱の効果は、どのくらいありますか?

 屋根・外壁共に、遮熱効果のある塗料で塗装した場合、

光熱費(エアコン代)は、最大で40%カットできます。

 

 塗膜が薄い、厚いで遮熱効果は変わるのでしょうか?

塗膜が薄いと十分な効果が発揮できない場合があります。

当社では、必ず下塗り・中塗り・上塗り×2回と繰り返し厚塗りをして、

効果を高め、持続させます。 

 

 劣化による遮熱効果の低下は、あるのでしょうか?

 劣化が進み塗膜が薄くなると、効果が低下する場合があります。

よって、耐候性の優れた塗膜ほど遮熱効果の持続が長いといえます。 

  (続きを読む…)

光触媒Q&A

外部の陽の当たらない所でも光触媒の効果はあるのですか? 

 効果はあります。

太陽光が直接当たらなくても、紫外線は当たりますので効果に

支障はありません。

 

 室内に光触媒をしても陽も紫外線も当たらないと思うのですが、効果はでるのでしょうか?

 外部用と室内用では、材料の内容が異なり、

室内用は電気の光に反応し、脱臭・除菌などの効果を発揮します。

 

 布製品・カーテン・じゅうたんなどに施工した場合、

洗濯やクリーニングに出しても効果は落ちませんか?

  施工後、2ヶ月目以降から、洗濯などのお手入れは可能ですが、

洗濯やクリーニングのたびに効果が薄れていき

20回程洗ったころに、効果はなくなります。

  (続きを読む…)

>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付