スタッフブログ

福岡市東区H様邸 住宅塗り替え『屋根タスペーサー☆屋根塗装完成』

2018年6月4日(月)の作業内容

 

本日の作業は

コロニアル瓦に必要な

『縁切り』の作業をタスペーサーを使用して。

 

 

 コロニアル瓦の1枚1枚の重なり部分に

 差し込んで 抜けてこない仕組みの

 耐久性の強いポロカーボネート性の

 小さな部品にて『縁切り』をしていきます。

 

 コロニアル瓦の経年の紫外線劣化による

 反りなどで 元々ある瓦の重なり部分の隙間が  くっついてしまうことが時々

 埋まってしまいます。

 

 そうなりますと 雨水の抜け道がなくなり

 雨漏りの原因となってしまいます。

 

 そうなることを防ぐため

 『縁切り』は必要な作業です。

 

 

 

くっついてしまった塗膜をカッターなどで切り離すのみの方法もありますが 

それでは 瓦が反ってしまっている場合重なり部分がくっついた状態と

あまり変わりませんので 1枚のコロニアル瓦に 2枚 反りが激しい場合は3枚の

タスペーサーで上の瓦を持ち上げ2~4mmの隙間を確保します。

 

小さな部品ではありますが 大変頼もしい存在なタスペーサーなのです。

 

 

 

 

2階屋根 1階屋根

全てに『上塗り』として

もう一度

サーモアイ4Fを塗装して

屋根塗装も完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

屋根塗装完了のようすです。

 

タスペーサーは コロニアル瓦と同じくらいの厚みで 押し込んでありますので

塗装が仕上がってしまえば 遠目から見る分には分からなくなってしまいますが

重要な作業です。

 

あとは、足場解体と 門扉の塗装の作業を残すのみです。

 

足場解体では またおとがしますのでお騒がせいたしますが

何卒 よろしくお願いいたします。

 


>●●●●●●までお気軽にどうぞ 無料相談受付